025 gloria blue nega

Theme 3 : Growing with Society 重点分野3:社会とともに発展する

ライフサイクル上流下流での環境活動

ライフサイクル上流下流での環境活動

Theme thumb %e7%8f%be%e5%a0%b4%e6%8c%87%e5%b0%8e%e4%bc%9a

拠点での環境指導の様子

Theme thumb iot%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%a2

IOTセンターでのデモの様子

Theme thumb promoting activities im01

Theme thumb promoting activities im02

ライフサイクル上流下流での環境活動

 

販売・レンタル会社に対する環境活動支援

コマツは、販売およびレンタル会社の活動においても、安全と環境改善活動を継続しています。2018年度は、環境マネジメントの意識を強化する活動として、環境管理システムの構築と現場を中心とした改善の支援活動を実施しました。 

ISO14001認証取得

2018年4月1日よりコマツ建機販売とコマツレンタルとコマツリフトの3社が統合されてコマツカスタマーサポート(株)(以降 KCSJ)が設立しました。2018年度は、2017年度に既に認証を取得した建機販売部門とレンタル部門にリフト部門を新たに追加して、KCSJとして環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001を取得する活動を実施しました。計画どおり2019年5月に認証を取得し、すべての事業部門において統一した環境改善の取り組みを実施しています。 

環境ガイドラインに基づく環境活動

拠点での環境指導の様子

販売およびレンタル会社の現場において、環境面に深く関係する廃棄物処理・排水管理・騒音振動などの管理で法令および近隣に対して遵守すべき事項や基準をまとめた「環境ガイドライン」を全拠点に配付し、そのガイドラインに準じて環境活動を推進しています。 また、現場においてこの環境ガイドラインが着実に遵守できるようにコマツと各社の担当者が共同で各拠点へ直接訪問して、現場指導・改善提案を実施しています。 
  

廃棄物の適正排出

建機販売部門が既に導入している廃棄物管理システム(電子マニフェストの管理に加え、処理委託契約書、許可証などの一元管理により管理工数も低減)をレンタル部門およびリフト部門にも導入し、KCSJの各カンパニーにおいて適正な廃棄物の一元管理ができるように進めています。

本来業務における環境負荷低減活動の紹介

- 環境配慮型商品の販売支援 -

IoTセンタでのデモの様子

コマツが開発した環境配慮型機械(ハイブリッド建機、排出ガス規制をクリアしたTier4 Final搭載機械、バッテリーフォークリフトなど)の販売促進に注力し、本来業務(販売およびサービス)をとおして環境負荷低減に向けての活動を推進しています。また、KCSJにおいてはレンタル部門を中心としてICT建機を利用したスマートコンストラクション施工法を体験いただくためのIoTセンタを全国に設置して多くのユーザーに来場いただき、環境負荷低減施工法の理解と普及に努めています。

環境管理部, 株式会社ディ・エフ・エフ

サプライヤーに対する環境活動

Theme thumb %e9%83%bd%e7%ad%91%e8%a3%bd%e4%bd%9c%e6%89%80

2018年度水リスク調査の様子

サプライヤーに対する環境活動支援

コマツのグリーン調達方針

私たちコマツは地球環境にやさしい商品をお客様に提供するために、生産の重要な要素である原材料や調達コンポーネント・部品においても、環境に配慮した「グリーン調達」の方針を掲げ、環境負荷の少ない、製品・部品・原材料・副資材・設備・工事などを優先的に調達に取り組んでいます。

「グリーン調達」は以下2つの方策を掲げています。

  1. 「環境への負荷の少ない商品・製品」を優先的に調達します。
  2.  当社の主要お取引先様に対し、「環境マネジメントシステム」の構築により、環境意識向上のための啓発活動を推進していきます

サプライヤーの環境管理システム構築支援活動

サプライヤーの「環境マネジメント」の強化を図るため、調達金額の約70%を占めるコマツみどり会企業に環境マネジメントシステムの認証取得を依頼しています。
2018年度においては、156社(環境マネジメントシステムの認証取得対象企業の全社)が、「ISO14001」または「エコステージ」等の認証を取得し、環境管理活動を推進しています。

気候変動対応事業活動 - サプライヤーにおけるCO2削減 -

みどり会CO2削減活動への支援

サプライヤーの「CO2排出量削減」を推進するため、主要外注サプライヤーに対し、コマツの省エネ活動(使用電力50%削減活動=生産改革)の一部について展開を推進しています。
2012年6月からは、それまでの省エネモデル企業を中心とした活動をさらに拡大発展させ、生産改革にまで踏み込んだ活動を開始し、経営者・設備担当者を対象に教育を実施しました。その後も、各社の改善状況の見える化へと横展開を図りました。

サプライヤーの水使用量削減活動

2017年度モデル企業における「水使用量削減活動」指導の様子
2018年度水リスク調査の様子

サプライヤーの「水使用量削減活動」を推進するため、主要外注サプライヤーに対し、コマツの水資源削減活動の展開を推進しています。
2017年度よりモデル企業を10社選定し各社へ訪問、実地にて各社にあった改善アドバイスを実施し、水使用量削減活動を現在まで推進しております。

CSR室, 環境管理部, コーポレートコミュニケーション部, 情報戦略本部, 株式会社ディ・エフ・エフ