025 gloria blue nega

環境・社会活動(CSR)

コマツCSR・環境報告書2018 コマツCSR・環境報告書2018

新着情報

1985/08/14
テスト
重点分野3:社会とともに発展する
環境リスクマネジメント

環境負荷物質削減・欧州規制(REACH)への対応

環境負荷物質削減・欧州規制(REACH)への対応 海外の環境保全の高まりに対応し、コマツは早期からアスベスト、鉛などの環境負荷物質削減に取り組ん...

重点分野3:社会とともに発展する
コンプライアンス

コンプライアンス

コンプライアンス コンプライアンスの推進 コマツグループは、「品質と信頼性」を追求し、企業価値を最大化することを経営の基本としています...

重点分野2:人を育てる
重点分野2:人を育てる

重点分野2:人を育てる

重点分野2:人を育てる 人事方針・評価制度 グローバルな人事方針と公正な評価制度についてご紹介します。 ...

環境・社会活動のマネジメント
活動実績

コマツのCSR重点分野と活動実績(本業を通じた活動)

活動実績 コマツのCSR重点分野・重点活動に対する具体的な取り組み実績は以下の通りです。 +をクリックすると内容が表示されます。 ...

社会貢献活動
社会貢献活動

社会貢献活動

社会貢献活動 社会貢献活動の考え方と実績 社会貢献活動の考え方・原則と支出実績をご紹介します。 社会...

重点分野3:社会とともに発展する
重点分野3:社会とともに発展する

重点分野3:社会とともに発展する

重点分野3:社会とともに発展する ステークホルダーとの コミュニケーション 透明性の高い経営を目指し、さまざまなコミュニ...

重点分野1:生活を豊かにする
環境マネジメント

ISO14001認証取得の状況

ISO14001認証取得の状況 ISO14001: 2015国内統合認証書 コマツは環境保全への体系的な...

環境パフォーマンスデータ
環境データの対象範囲

環境データの対象範囲

環境データの対象範囲 国内生産拠点 コマツ国内生産事業所:以下の9事業所を示します。 粟津工場、金沢工場【金沢第一・第...

環境・社会活動のマネジメント
CSR重点分野の策定 (マテリアリティ)

CSR重点分野の策定 (マテリアリティ)

CSR重点分野の策定 (マテリアリティ) コマツは2010年に、CSR活動を「本業を通じて社会の要請に応えていく」と位置づけたうえで、社会と...

環境パフォーマンスデータ
環境会計

環境会計

環境会計 環境保全活動を客観的に評価していただくために、コマツでは環境会計を公表しています。 環境保全コスト(投資及び費用) 第...

GRIスタンダード 対照表
GRIスタンダード 対照表

GRIスタンダード 対照表

GRIスタンダード 対照表 このESGデータブック2019は、「GRIサステナビリティ・レポーティング・スタンダード」を参照しています。 ...

重点分野2:人を育てる
ワークライフバランス

ワークライフバランス

ワークライフバランス これまでの取り組みと2018年度の状況 社員が持てる力を最大限に発揮するためには、仕事と生活のバランスをとること...

環境・社会活動のマネジメント
国際基準との対比

国際基準との対比

国際基準との対比 コマツが自社のCSR優先課題と認識している事項は、ISO26000の中核課題や、国連グローバル・コンパクトなどの国際基準と共通...

環境パフォーマンスデータ
環境パフォーマンスデータ

環境パフォーマンスデータ

環境パフォーマンスデータ 環境教育 環境会計 サイトデータ 環境データの対象範囲 第三者保証 Scope3 一覧表

重点分野2:人を育てる
ダイバーシティへの取り組み

ダイバーシティへの取り組み

ダイバーシティへの取り組み コマツでは、多様性は会社の強みであると捉え、社員一人ひとりの基本的人権を尊重し、それぞれが働きがいと誇りを持ち、能力...

重点分野1:生活を豊かにする
製品安全 -イノベーションと安全性の向上-

製品安全 -イノベーションと安全性の向上-

製品安全 -イノベーションと安全性の向上- イノベーションは、環境性能や経済性など、さまざまな価値を生み出します。その中で私たちが何よりも優先し...

重点分野1:生活を豊かにする
環境マネジメント

環境管理体制

環境管理体制 社長直轄の環境管理部が全社の環境活動を統括、主要機能部門の役員から成る「地球環境委員会」で活動を審議しています。

環境パフォーマンスデータ
環境教育

環境教育

環境教育 コマツグループは、基本的な教育体系として、共通的な知識教育は本社統括で、各部門の独自性・特徴を含めた具体的な教育はそれぞれの事業部門で...