025 gloria blue nega

環境・社会活動(CSR)

コマツCSR・環境報告書2018 コマツCSR・環境報告書2018

新着情報

1985/08/14
テスト
重点分野1:生活を豊かにする
事業活動と環境の関わり

気候変動対応_事業活動における気候変動対応

事業活動における気候変動対応 生産におけるCO2削減活動 物流におけるCO2削減活動 販売サービス部門、主要サプライヤー、非生...

重点分野3:社会とともに発展する
環境リスクマネジメント

環境リスクマネジメント

環境リスクマネジメント 法規制の遵守と汚染予防 土壌・地下水汚染 PCB廃棄物の管理 化学物質の管理・汚染予防 環境負...

社会貢献活動
女子柔道部の活動

女子柔道部の活動

女子柔道部の活動 コマツ女子柔道部は、1991年の会社創立70周年記念の社会貢献事業の一環として創立され、28年目を迎えました。この間OGを含め...

重点分野3:社会とともに発展する
環境リスクマネジメント

水リスク対応

水リスク対応 コマツグループでは、地球環境基本方針をもとに 水の使用量(投入量)削減とリサイクル(循環)の推進 水質保全を中心に...

重点分野1:生活を豊かにする
環境マネジメント

環境行動計画と2018年度の活動結果

環境行動計画と2018年度の活動結果 「コマツ地球環境基本方針」を推進するために、分野ごとに環境行動計画(取り組み方針)を策定し、年度ごとに...

社会貢献活動
災害復興支援
Response thumb hr development img 01

災害復興支援

災害復興支援 建設機械をはじめとしたコマツの製品は、自然災害が起きた際の復旧・復興で必要とされる場面も少なくありません。 有事の際は現地の...

重点分野2:人を育てる
ワークライフバランス

ワークライフバランス

ワークライフバランス これまでの取り組みと2018年度の状況 社員が持てる力を最大限に発揮するためには、仕事と生活のバランスをとること...

社会貢献活動
対人地雷処理とコミュニティ開発支援

対人地雷処理への取り組み(これまでの活動)

対人地雷処理への取り組み(これまでの活動) 建設機械の技術を地雷除去に活かす ― 対人地雷処理への取り組み ― ...

環境パフォーマンスデータ
サイトデータ

サイトデータ

サイトデータ 第三者保証 国内編 サイトデータ一覧(国内)(520KB) 掲載事業所一覧 粟津...

環境パフォーマンスデータ
環境教育

環境教育

環境教育 コマツグループは、基本的な教育体系として、共通的な知識教育は本社統括で、各部門の独自性・特徴を含めた具体的な教育はそれぞれの事業部門で...

重点分野2:人を育てる
ブランドマネジメント活動
Response thumb brand management im04

ブランドマネジメント活動

ブランドマネジメント活動 ブランドマネジメント活動とは お客さまにとって不可欠な存在になる コマツは「企業価値とは、我々を取...

環境パフォーマンスデータ
Scope3 一覧表

Scope3 一覧表

Scope3 一覧表 第三者保証 内容 比率(%) 概略データ(千...

重点分野1:生活を豊かにする
環境マネジメント

ISO14001認証取得の状況

ISO14001認証取得の状況 ISO14001: 2015国内統合認証書 コマツは環境保全への体系的な...

環境・社会活動のマネジメント
外部評価
Response thumb esg esgleaders cmyk

外部評価

外部評価 評価機関からの評価 CSR活動に関する外部評価(2018年度) 評価機関からの評価 ...

重点分野1:生活を豊かにする
事業活動と環境の関わり

循環型社会形成への取り組み_生産における資源有効利用活動(廃棄物)

生産における資源有効利用活動 1.廃棄物 生産活動における廃棄物発生量を減らすとともに、発生した廃棄物を再資源化して有効活用する「ゼロ...

重点分野1:生活を豊かにする
事業活動と環境の関わり

気候変動対応_Scope3 CO2排出量

Scope3 CO2排出量 第三者保証 コマツは、生産/販売・サービス等で排出するCO2のほかに、サプライチェーン全体でのCO2排出量を把...

重点分野2:人を育てる
社員教育体系

社員教育体系

社員教育体系 考え方と目標 コマツでは、「社員は一人ひとりが高い目標を設定し、自立・自走して知識・スキルを習得する」「会社は会社(経営...

重点分野3:社会とともに発展する
重点分野3:社会とともに発展する

重点分野3:社会とともに発展する

重点分野3:社会とともに発展する ステークホルダーとの コミュニケーション 透明性の高い経営を目指し、さまざまなコミュニ...