025 gloria blue nega

Data データ集

前年度の環境活動実績

D-1_環境マネジメント

前年度の環境活動実績

環境マネジメント

対象 指標 基準年 2019年度目標 2019年度実績 備考

環境活動のPR

CDP評価

-

Climate:A評価
Water   :A評価

Climate : A
Water   : A-

 

環境活動のPR

環境報告書の発行

-

発行

発行(7月)

 

環境管理部

D-2_研究・開発分野

研究・開発

対象 指標 基準年 2019年度目標 2019年度実績 備考

低エミッション建設機械・産業車両の開発
(排出ガス規制対応)

 

 

・Tier4 規制対応車の開発
・Stage V 規制対応車の開発

・開発継続
・開発継続

 

製品のCO2排出量削減
(製品稼働中の燃費向上の推進)

CO2排出量削減(単位:%)

2010

・製品(建設機械、林業機械、鉱山機械)使用によるCO2削減
目標:13%削減

・開発継続
実績:14%削減

2030年目標:50%削減

建設機械・産業車両のCO2排出量削減 (バイオ燃料<BDF>対応)

 

 

・B7~B30混合軽油対応

・インドネシアB30対応済み
・夏季ミネソタ州B20対応済み

 

建設機械・産業車両のリサイクル可能率向上

 

 

・次期開発車での99%以上達成

・開発車(Tier4 Final規制対応車,ICT
建機)で99%達成

 

建設機械・産業車両の環境負荷物質の管理徹底・削減

 

 

・次期開発車での有害物質質量削減
(1998年比90%削減の維持)
・部品毎の有害物質管理システムの運用
(REACH対応)

・鉛使用量1998年比90%削減を維持
・REACHの新規SVHCを8物質追加、
SVHCの使用状況を管理。システムにより
EU向け機種、EU量産・開発機種集計実施
(部品毎の物質調査実施)

 

環境管理部, 開発本部

D-3_生産分野

生産

対象 指標 基準年 2019年度目標 2019年度実績 備考

CO2排出量

原単位改善

2010年度

24%以上削減

31.5%削減

2030年目標:50%削減

再生可能エネルギー使用量

使用電力に対する割合

 

10%以上

10.7%

2030年目標:50%

水投入量

原単位改善

2010年度

49%以上削減

49.4%削減

2030年目標:60%削減

廃棄物排出量

原単位改善

2010年度

12%以上削減

12.7%削減

2030年目標:40%削減

化学物質排出量
(VOC排出量)

原単位改善

2005年度

50%削減

60.8%削減
(前年比0.1ポイント改善)

 

緑化

緑化率

 

20%以上

20.1%

対象は国内工場のみ


環境管理部, 生産本部

D-4_物流

物流

対象 指標 基準年 2019年度目標 2019年度実績 備考

環境負荷の低い輸送手段へのシフト
内航船、JR利用の利用拡大

500kmモーダルシフト化率


 

55%

52%

20/1月からの生産減少にてコンポーネント輸送のJR利用が低下いたしました。

輸送距離の削減
輸出車両の近港利用の推進
金沢港利用拡大
輸出車両、金沢港使用率


 

50%

48%

金沢港出荷計画の北米向け輸出車両の減少による。

輸送距離の削減
輸出車両の近港利用の推進
ひたちなか港利用拡大

輸出車両 ひたちなか港使用率


 

99%

99%

 

製品、部品の輸送による貨物重量当りCO2排出量原単位の改善 国内輸送

原単位改善

2006年度
 

67.4

75.2

原単位には輸送重量ベースの指標を使用しているが、輸出車両の増減に大きく左右される。今季は昨年度より輸出車両が大幅に減少した為、計画の達成が出来なかった。

製品、部品の輸送による貨物重量当りCO2排出量原単位の改善 海外輸送

原単位改善

2011年度

92.0

100.6

昨年度比+1.7%。KIPL(インド)を追加により3.3%上昇分(一部見込み)含む。

環境管理部, 生産本部

D-5_調達

調達

対象 指標 基準年 2019年度目標 2019年度実績 備考

コマツの電力半減活動の水平展開

みどり会企業93社展開

全93社へ継続展開

 

環境法令監査の実施

みどり会企業4社に実施

4社実施

 

水使用量削減活動(10社)

上水15%以上削減

17%削減

 

環境管理部, 調達本部

D-6_販売・サービス分野

販売・サービス

対象 指標 基準年 2019年度目標 2019年度実績 備考

油漏れ対策の実施

全拠点

全拠点

土のう、排水経路図、緊急連絡網の設置

廃棄物管理システムの導入

全カンパニ(7社)

4社実施

 

環境教育の実施

現場指導会実施拠点数

40拠点

17%削減

 

環境商品の拡販 ・Tier4機種の拡販活動
・FEの拡販活動

 
・販売計画に基づき拡販
・販売計画に基づき拡販
・販売計画達成
・販売計画達成
 
スマートコンストラクション施工の推進 IOTセンタ入場者 10,000人 6,927人  
環境管理部, 建機マーケティング本部