025 gloria blue nega

Governance ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

えー1_コーポレートガバナンス

コーポレート・ガバナンス

基本的な考え方

当社は、「企業価値とは、我々を取り巻く社会とすべてのステークホルダーからの信頼度の総和である。」と考えています。すべてのステークホルダーから更に信頼される会社となるため、グループ全体でコーポレート・ガバナンスを強化し、経営効率の向上と企業倫理の浸透、経営の健全性確保に努めています。株主や投資家の皆さまに対しては、公正かつタイムリーな情報開示を進めるとともに、株主説明会やIRミーティングなどの積極的なIR活動を通じて、一層の経営の透明性向上を目指しています。

コーポレート・ガバナンスの仕組み

コマツでは、取締役会をコーポレート・ガバナンスの中核と位置付け、取締役会の実効性を高めるべく、経営の重要事項に対する討議の充実、迅速な意思決定ができる体制の整備や運用面での改革を図っています。このため当社は、1999年に執行役員制度を導入し、法令の範囲内で経営の意思決定および監督機能と業務執行機能を分離し、社外取締役および社外監査役を選任するとともに、取締役会の構成員数を少数化しています。

コーポレート・ガバナンス体制図(2022年6月30日現在)

コーポレート・ガバナンス体制図

詳細は下記をご覧ください。

コーポレートガバナンス・コードの各原則に基づく開示、コーポレートガバナンス体制の状況(取締役、監査役、独立役員、インセンティブ、取締役報酬)など

社外取締役メッセージ、取締役会の活動、取締役会実効性評価の結果の概要、コーポレートガバナンス改革、社外役員の活動状況、諮問委員会活動、サクセションプラン、役員報酬制度など

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。

CSR室