025 gloria blue nega

Social Contribution Activities 社会貢献活動

対人地雷処理とコミュニティ開発支援

おー5_対人地雷処理とコミュニティ開発支援

対人地雷処理とコミュニティ開発支援

コマツは2008年から認定特定非営利活動法人「日本地雷処理を支援する会(JMAS)」と提携し、カンボジアをはじめ対人地雷の被害に苦しむ地域において、地雷除去ならびに復興までのコミュニティ開発のための活動を行っています。コマツの専門技術やモノづくりに関する知恵を結集して開発した対人地雷除去機や建設機械が現地で活躍しています。
地雷が埋められた危険な土地から安全な土地へ、そして道路や小学校の建設によってさらに付加価値が高められた土地へ。今後も、コマツの本業である建設機械を通じた支援により地域全体の復興に寄与する活動を進めていきます。

DATA

カンボジアにおける地雷除去と復興支援の実績(累計)

項目 実績(2019年度まで累計)
除去面積

2,317ヘクタール

除去数

2,225個

道路建設/整備

76.2km

学校建設数

9校(生徒数 約700名)

ため池

47個

カンボジア地雷原
地雷除去作業
道路建設を通じたコミュニティ開発
地雷除去跡地に建設された小学校

2016年からはラオスにおける不発弾除去活動の支援も始まりました。
ラオスは、国土の3割以上が不発弾に汚染されており、その多くがクラスター子弾で子どもや農民が毎年被害にあっています。 ラオスの不発弾処理部隊であるUXO-LAOと日本のJMASが中心となって行っているクラスター子弾処理の機械化事業に対して、コマツは機材の無償貸与と技術支援を行っています。
コマツのこれまでの経験と技術を駆使し、新たに油圧ショベルPC130-8をベースに対人地雷除去機(不発弾処理用)を開発し、除去活動にあたっています。

DATA

ラオスにおける不発弾処理の実績(累計)

項目 実績(2019年度まで累計)
除去面積

369ヘクタール

除去数

3,849個

学校建設数 1校(生徒数 約70名)
対人地雷除去機(不発弾処理用)
記念すべき一校目の開校

また、コマツでは「出前授業」として、社員が日本国内の学校に赴き、小学生から大学生までの幅広い世代の若者に、これらの活動を紹介しています。これまでに累計で約75回、約6,700名に対して授業を行いました。
ある中学校の3年生向けに行った出前授業では「もともとある機械を改良して、地雷で困っている国を助けるというのがすごいと思った。また、その地域の小学生のために学校を建て直すというのも国を助けていて、私も将来、そのような案を思いつける人になりたいと思った。そのために世界で起きていることを知りたい」との感想文がありました。
未来を担う子どもたちが自分の将来や生き方について考える機会が生まれるよう、コマツは今後も出前授業を継続してまいります。

出前授業後の中学3年生からの感想文
出前授業の様子
 

TOPICS

カンボジア農業CSRプロジェクト始動

2019年からの新たな取り組みとして、地雷除去跡地に農業用の建機を導入し、農地復興・産業促進を目指す試みをスタートさせました。農業はカンボジアの主要産業の一つ(GDPの約25%)であり、全土にわたって盛んに米作・稲作が行われています。コマツはJMASの協力のもと、州政府と連携しながら、作業効率の向上と収穫量の増大を目的とした活動を進めており、ブルドーザーやホイールローダー、油圧ショベルを活用した作業の実効性を検証しています。

地雷除去跡地の農地復興

地雷除去活動の歴史(国際条約・日本政府・コマツ)

活動内容 (下線は、国際条約および日本政府の活動)
1998年

カンボジア地雷原用の潅木除去機を開発

1999年

オタワ条約発効(対人地雷禁止条約)

2002年

日本政府が、対人地雷除去機を武器輸出三原則等の例外とすることを表明

2003年

経済産業省とNEDO(*)の助成金事業で、対人地雷除去機を開発(下図①)

2004年

外務省の支援により、アフガニスタンで現地テストを実施

2006年

外務省の支援により、カンボジアで現地テストを実施

2007年

アフガニスタンに1号機を導入(日本政府ODA)

2008年

NPO法人“JMAS”と、カンボジア復興プロジェクトを開始

2009年

NPO法人“JMAS”と、アンゴラ復興プロジェクトを開始

2010年

オスロ条約発効(クラスター爆弾禁止条約)

2015年

対人地雷除去機(不発弾処理用)を開発(下図②)

2016年

NPO法人“JMAS”と、ラオス復興プロジェクトを開始

2017年

アンゴラ復興プロジェクトを終了

2019年

カンボジアに9校目、ラオスに1校目の小学校を建設

2020年

カンボジアで農業CSRプロジェクトを開始 
カンボジアとラオスの復興プロジェクトは継続実施中

(*NEDO:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)
①対人地雷除去機
②対人地雷除去機(不発弾処理用)
CSR室, 環境管理部, コーポレートコミュニケーション部, 情報戦略本部, 生産本部, 調達本部, 開発本部, 建機マーケティング本部, ライフサイクル事業部